シェアNo.1の電子契約書システム『クラウドサイン』
クラウドサインロゴ

溜まった契約書、
クラウド上で管理しませんか?

クラウドサインは「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、
契約作業をパソコンだけで完結させるシステムです。

導入メリット

全部クラウドだから、コストやセキュリティが違います。

契約締結のスピード化

電子化で速やかな契約締結

数日間かかっていた契約作業が、わずか数分で終わります。 締結までのリマインドやフェイズの確認まで可能です。

コスト削減

契約時に発生する様々なコストを大幅に削減出来ます

印紙税はもちろん、人件費、郵送費、保管費、用紙や印刷代等を大幅に削減することができます。

コンプライアンスの強化

契約書に関する社内トラブル対策も万全

契約書をクラウド上で一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを防ぎます。

クラウドサインのシステム

たったの3ステップで契約締結が完了します。

契約書準備のキャプチャ

Step1

契約書の準備

事前に当事者間にて契約内容について合意した後、PDF化した契約書をクラウドサインへアップロードし、宛先や帳票、署名の場所を指定した上で送信します。

フロー矢印
クラウドサインから届いたメールのキャプチャ

Step2

取引先への確認依頼

クラウドサインより取引先へ確認依頼のメールが届きます。確認はスマートフォンでも可能で、取引先がクラウドサインのアカウントを持っていなくても問題ありません。

フロー矢印

Step3

取引先による押印

取引先の担当者がクラウドサイン上で押印します。締結した書類は送信者・受信者に自動送信メールにて届けられ、クラウドサイン上にも自動で保管されます。

料金

月額1万円~で多彩な機能をご利用いただけます。

スタンダードプラン

月額 10,000

100円/契約書送信件数ごとの費用

無制限/ユーザー数

無制限/契約書送信件数

テンプレート機能、テンプレート管理機能、ユーザー管理機能、横断検索機能、共有メール機能、メッセージ追加機能、長期署名機能、内部統制機能、電話サポート

連携プラン

Box連携

Kintone連携

Salesforce連携

詳しい内容はお問い合わせください

※2019年3月1日より200円に改定予定

セキュリティ

「契約書」をお守りするため、セキュリティには万全を期しております。

暗号化通信

クラウドサイン上での通信は、天文学的数値のパターン解析が必要なSSL/TLS で常に暗号化されております(256bit暗号化)。外部からの傍受や改ざんの心配はありません。

データ保存

契約書データは複数の施設・複数のデバイスにて毎日自動バックアップされ、多重に保存されています。非常時での紛失リスクにも対応したクラウドサービスです。